【単品販売】VEGGIE BAGNA ビーツ

ジャガイモを蒸して混ぜればピンクポテトサラダに 
カルパッチョにかけて 
野菜のディップに 
クリームチーズと混ぜるだけでおつまみの完成 
パンに挟めばサンドイッチにも 
PREV ITEM NEXT ITEM
【単品販売】VEGGIE BAGNA ビーツ
====================
【発送日について】
毎週月・水・金曜日(祝日を除く)の発送となります。
*発送前日までのご注文分となります。月曜日のご注文は水曜日の発送となりますのでご注意ください
*発送日が祝日の場合は、発送はありません。
*パンフレットとお渡し用の袋が必要な方は、ご購入手続きの際に備考欄に希望枚数をご記入ください。
ご注文の本数と同数を上限として、同封いたします。
=====================
【VEGGIE BAGNA】※お野菜の状態により色が写真と異なる場合があります。ご了承ください。
ベジバーニャ ビーツ / 野菜のバーニャカウダソース
アンチョビの代わりに塩麹を使って作ったバーニャカウダソース。季節ごとに旬のお野菜で作るFARM CANNING定番の商品です。
====================
瓶詰めの使い方を動画で紹介しています。
https://youtu.be/y0BXNYZKLuI
MATERIAL
【原材料名】
【VEGGIE BAGNA ビーツのバーニャカウダソース】
ビーツ(神奈川県)、⾃家製塩麹(新潟県産⾃然栽培⽶使⽤ 麹、⾷塩)、オリーブオイル、タマネギ(国産)、ニンニク(神奈川県)、酢



SIZE
ベジバーニャ ビーツ 110g

【賞味期限】
ベジバーニャ ビーツ 2020.11.30

【保存方法】
直射日光を避けて涼しい場所で保存して下さい。
開封後は冷蔵保存しお早めにお召し上がり下さい。

  • 送料について
    ヤマト運輸 60サイズ
    • 北海道
      ¥1,330
    • 青森県
      ¥1,000
    • 岩手県
      ¥1,000
    • 宮城県
      ¥1,000
    • 秋田県
      ¥1,000
    • 滋賀県
      ¥1,000
    • 京都府
      ¥1,000
    • 大阪府
      ¥1,000
    • 兵庫県
      ¥1,000
    • 奈良県
      ¥1,000
    • 和歌山県
      ¥1,000
    • 鳥取県
      ¥1,100
    • 島根県
      ¥1,100
    • 岡山県
      ¥1,100
    • 広島県
      ¥1,100
    • 山口県
      ¥1,000
    • 香川県
      ¥1,000
    • 愛媛県
      ¥1,000
    • 高知県
      ¥1,000
    • 福岡県
      ¥1,330
    • 佐賀県
      ¥1,330
    • 長崎県
      ¥1,330
    • 熊本県
      ¥1,330
    • 大分県
      ¥1,330
    • 鹿児島県
      ¥1,330
    • 沖縄県
      ¥1,330
    • その他地域一律
      ¥900
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後7日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後30日を目安に発送いたします
    毎週水曜日の発送となります。毎週火曜日までの受注分を水曜日に発送いたします。

STORY

  • 【VEGGIE BAGNA ビーツ】アレンジレシピ
    <カルパッチョ>
    薄切りにした刺身に、本品とレモンを添える

    <ビーツのクリームチーズディップ>
    ブロッコリーを茹でてみじん切りにし、クリームチーズ100g、
    本品大さじ4を混ぜ合わせる。
    サンドイッチやバゲットに塗っておつまみに。

    <ピンクポテトサラダ>
    じゃがいも中3個を柔らかくなるまで茹で、皮をむき、塩適量を振ってつぶす。
    ヨーグルト60gと本品大さじ2〜3を混ぜる。

    <ピンクコールスローサラダ>
    キャベツ1/4玉を荒千切り、キュウリ1本は千切りにし、塩で揉む。
    ヨーグルト100gと本品大さじ2をボールに混ぜておく。
    キャベツ、キュウリから水が出てきたら絞り、全て入れて混ぜる。
  • 柿右衛門農園(神奈川県藤沢市)/ ビーツ・ニンニク

    可能な限り自然の仕組みを活かしながら、 固定種・在来種を中心とした個性豊かなおいしい野菜を栽培されています。甘い=おいしい野菜ではなく、五味がしっかりと感じられる野菜を、無理せず、自然の力を活かして旬の野菜のみを作っているそうですので、味わってみてください。HP:https://www.kakiemonn.com/